つれづれ雑草

アクセスカウンタ

zoom RSS mono‐logue〜白衣編〜

<<   作成日時 : 2008/01/20 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。僕は、あおこさんの白衣です。
とは言っても最近はあおこさんに限らず、いろんな家でお世話になってるんですよ。
今はカトゥーさんの家でご厄介になってます。暗いなぁ…、とりあえず衣装袋からは出して欲しいなぁ。
先月ひと舞台終わって、「次の舞台があるから早く帰ってこい」とあおこさんから電波があったんだけど、
いかんせん無生物というか衣装なのでカトゥーさんに持ってってもらわない事には動けない。
しょうがない。せっかくだしあの黄色い部室に帰るまで、これまでの事をお話しますか。

+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

元々、僕はしがないC杉高校指定の白衣でした。
あおこさんが1年の時に調理実習のエプロン代わりに使われた後、
2年次に今度は科学の実験で青酸カリの原料を扱い、おいおいと思っている時にその出番が来ました。
「何か最後の授業のシーンで白衣になるみたいだから、袖の紐取らせてね。」

はい?衣装?『ディアノーバディ』……。え。舞台の?
というか、その役はわざわざ白衣着てくす玉作ったの?
調理実習と科学の実験の往復以外に、こんな出番があったのかと思いましたが、
どうやらあおこさんもまさか役者で、しかもあの役が当たるとは思っていなかったそうです。

あおこさんにとっては2回目の舞台、僕にとっては初舞台。どうなったかと申しますと、
本番前日のゲネで、僕らのシーンに繋がる場転が上手くいかなくて板着いたものの空白の時間が出来て
さらに役者が全員1・2年生でこのアクシデントを拾いきれずに右往左往&何もない所からくす玉登場。
さらにさらに動揺したあおこさんがハリントン先生来る前にくす玉を割って、散々なものになりました。

次の日(本番?)、桃子さんにもらったメッセージカードには「珍プレーNo.1」

あれが本番だったらどんな事になってたか。(注:高校演劇では通常ゲネプロはやりません。)
いやぁ、ブラックリストに載ってまでゲネを敢行したのはこのためだったか。

+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

その後、また元通り調理実習のエプロン代わりに使われた後、僕は2年ほど眠りました。
あとで話に聞いたところ、

「別に『空色』のタロ&ジロ用に赤い線縫い付けて下半身ちょんぱしたり、
 『マリゲー』でペンキ塗りたくって特攻服にしてもよかったんだよ?」


だそうです。僕が寝ている間は、僕の同胞が頑張っていたみたいです。
特に後者は、あおこさんが衣装番長だったから、その可能性は高かったらしい。
なるほど、こういう使われ方もあるんだなぁ。
ここでそういう風に改造されたら、僕の白衣人生(?)もだいぶ違う物になったでしょうね。

とにかく、あおこさんの家の災害セット入れの中で眠っていた僕は突然起こされましたんですよ。
「久しぶりに出番だよ!今度はちゃんとした研究機関の白衣!」

今回のパートナーは、雄大さん。初舞台ですか、じゃあ僕が色々教えてあげますよ。(無理)
何回か通し稽古が終わった後、あおこさんがおもむろに雄大さんに向かって
「その白衣はですねぇ。昔私が着た衣装なんですが、それ着て臨んだゲネで大ポカやって
 以来、それを着た役者は本番前日のゲネで"珍プレー”って通り名を付けられるようになるんですよ。」


過去1回のちょんぼで妙なジンクスつけんな。

小屋入り後、僕らは何ともなかったんですが、相方として一緒に出ていた白衣がゲネ終了後に
「俺のご主人、人間の役かと思ったらフランケンだった。」と言って嘆いていました。
うん、君だけじゃなくて誰もが思ってた。(その後総ツッコミをくらったらしく、彼の相方も元の人間になってました)

+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

そのあと、すぐに今度は『パラン』という舞台に立ちました。
今度は科学者アンサンブル、しかも久しぶりにあおこさんがパートナー。

この舞台では、僕らのシーン直後あおこさんが早着替えという衣装的にシビアな部分はありましたが、
彼女があまりにも僕らのシーンの後にルパン脱ぎみたいな感じでぞんざいに脱ぐので
1回いたずら心で脱ぐ時に引っ掛けてやったら、その後のドレスでもファスナーが引っかかって
完膚なきまでのボロボロ加減。結局1曲終わるまで出て行けませんでした。
時は本番前日の場当たり。

あれ?ジンクス実行しちゃった?

+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

そのあと、また1年近く眠って、この前カトゥーさんと組んで『君乃花』に立ちました。
僕の出番は、板付きからカトゥーさんがはけるまでで、30秒もなかったけれど、
それでも1年ぶりの舞台は気持ちよかったなぁ。
まだ、この公演は終わったばかりだから、思い出として語るにはまだ新鮮すぎるかな?
こんなこと言うなんて、僕も随分役者らしくなってきたでしょう。
最近なんか、あおこさんよりよっぽど舞台に立ってるもんね。

思い出を思い出として振り返るのは、眠ってしまってからでもできます。
それより、今は次の舞台が楽しみでしょうがないんです。
まだ公演日も決まってないけど、あおこさんも誰が着るのか教えてくれないけど。

じゃあ、みなさん。当日の舞台で会いましょう!あ、米カンのみんなは練習でね。

+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+

今日は、ちょっと趣向を変えてみました。たまにはこんな視点からってのも。
因みに、現在彼がカトゥー家のどこにいるかは全くの想像です。(笑)
あと、白衣編があったからと言って、シリーズ化するとは限りません。
このブログは、限りなくノリオンリーです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
それにしても、ミューカン白衣率高すぎだろ!
↑研究所職員を脚本に書いたお前が言うな(笑)
ちゃー
2008/01/22 18:22
>ちゃーさん
そうなんですよー。
最近はほぼ一場所(違)ごとに出てるんです。

このままミューカンの終身部員になってもいいかなーって考えてるんですけどね。
…………でも、部室の外のダンボールは嫌だなぁ。
白衣
2008/01/22 19:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
mono‐logue〜白衣編〜 つれづれ雑草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる